サイトマップを表示します。

【平城遷都1300年祭公式ホームページ】にリンク

【平城遷都1300年祭】を応援しています!

大和路を訪ねて 

〜 私の一押しの大和路 〜 【その10】  米田嘉浩

―飛鳥の蘇その2―

前々回にお約束しましたように、「みるく工房飛鳥」(西井牧場生乳加工販売所の直営店)をお訪ねし、西井利易社長にお会いしました。西井社長は大変なご苦労の末に「飛鳥の蘇」を復活することに成功された方で、その開発に伴うご苦労談をお伺いしてきました。

10月の上旬秋晴れの好日に、「大和三山」のひとつの「香具山」の南麓にあります同社をお訪ねしたのですが、大変ご多忙の中、快く丁寧に応対して下さいました。

同社の住所は橿原市南浦町、明日香村に近接し、目の前には標高152メートルの香具山がありました。香具山は万葉集では「天の香具山」とうたわれ、満月が香具山の頂上に来た時かぐや姫が月へ昇天したと書かれています。更には持統天皇の「春過ぎて夏来たるらし白妙の衣乾したり天の香具山」の歌で有名です。万葉の故郷で「飛鳥の蘇」が蘇えったといったところでしょうか。

前置きが長くなりまして恐縮ですが、西井社長にお話しを伺っています間に、大和三山めぐりと思われますハイキングのグループが何組か立ち寄り、人気のソフトクリームをとても美味しそうに味わっていました。平日の午後3時過ぎだったせいか、ほとんどはリタイヤーされたとおぼしき男性の皆さんでしたが、帰り際に「有難う、とても美味しかったよ」と声をかけていたのがとても印象的でした。(イートインできる席がいくつかあります。)

西井社長にお伺いすることができましたことは次の通りです。

@飛鳥の蘇の製造については「考古学者の猪熊兼勝先生」にご指導いただきながら、長い間の試行錯誤の上完成させたこと。 (猪熊先生は先年の「奈良シルクロード博」の頃から「蘇」の作成に取り組んでいらっしゃった由)

A生乳を煮詰めていくので焦がさないことが大切で「鍋」探しから始めたこと。(田原本町で入手されたとのこと)

Bすべて「生乳そのもの」だけで製造するので、まさに「生き物を扱う心配り」が大切。

C1日7〜8時間かけて、60個位しかできない。全国から注文がくるがとても応じきれない。奈良県内のJAショップや奈良市春日野町の「夢しるべ風しるべの」(注)中の「大和百采」等に納めている。

D製法を秘密にはしていない。宮崎県から酪農関係の方が来られた時も、設備を全部公開したし、手順も教えて差し上げた。 とのことでありました。

とても爽やかな秋風が吹くこの日。清々しい気持ちに包まれながら「みるく工房飛鳥」を後にしました。

お訪ねした2週間後、奈良市内に所用があり、「夢しるべ風しるべ」のお店に立ち寄り、「飛鳥の蘇」を探しましたところ、空箱が置いてあり、箱の上に「この商品はご注文後5〜6日後のお渡しになります」旨の書いた紙が置いてありました。この個性的ないわば国産ナチュラルチーズは人気があり、なかなか入手するのが難しいようです。

(注)ふれあい回廊「夢しるべ風しるべ」 =2008年3月に奈良市春日野町にオープンした総合飲食施設。奈良公園内、東大寺門前に位置し、飲食や物販12店舗で構成されている。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

フリー百科事典
ウィキペディア
Wikipedia
もどる
【 もどる 】
僕の名前は『うしか君』です。よろしくね!