〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

「全乳連便り」-街の牛乳屋さん通信ー

第35号 2016年7月30日号

毎月15日、30日発行

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

全乳連事務局の白根です。「全乳連便り」―街の牛乳屋さん通信、第35号をお届けします。

いよいよ、リオ・オリンピックが開幕し、連日日本人選手が熱戦を繰り広げています。寝不足の方も多いのではないでしょうか。暑い日が続く中、寝不足は禁物です。ご注意ください。今回は、牛乳販売店を舞台にした小説「ずんずん」の記事などをお送りします。

◆今回のメニュー◆

_____________________

[1] 牛乳販売店が舞台、山本一力「ずんずん」発刊

現存する牛乳販売店がモデルとなった小説、「ずんずん」が7月初旬に単行本として出版された。
作者は直木賞作家、山本一力さんで、1948年高知市生まれ。様々な職業を経験したのち、97年「蒼龍」でオール讀物新人賞を受賞しデビュー。2002年『あかね空』で直木賞を受賞した。
本作は、「婦人公論」2014年5月22日号~2016年3月22日号に連載され、単行本化にあたり加筆、修正した。
「届けているのは、牛乳だけじゃない!人情と絆で日本を支える宅配文化の魅力とは。気づけば心とお腹が満たされるふくよかな物語。これぞ山本一力の現在人情噺!」と本の帯に書かれている。
また、「牛乳販売店主と地域の仲間たちのおいしく温かな日々」とも紹介されていて、同業の皆様も是非読んでいただきたい一冊だ。
纏ミルク浜町店の新年の仕事はじめは、町全体が深い眠りの中にいる午前4時。店長の纏亮介と妹・あかね、70を越えた配達員の田代や若い栗本らは厳冬の1月、雑煮を食べ終え、白い息をはきながら配達の準備をする。今朝も元気に宅配に向かった田代だったが、湯川さん宅の保冷ボックスに小さな異変を発見。胸騒ぎを感じた田代は全力で湯川さん救出に奔走し… 。
その一件を奥野デザインの実川玉枝がアメリカでの広告事業に採用し、 亮介たちの協力を得て、映像作品を製作していく。
自らの仕事に一生懸命邁進する玉枝たちの姿に触発され、 「牛乳配達」という仕事を原点から見つめ直そうと決意する亮介。 かつての修行先・尾道の販売店行きを決めて……
中央公論新社、定価 本体1600円(税別)
まさに、牛乳販売店の皆様のお仲間が主人公になった小説です。本の売れ行き次第では、テレビ化、映画化も検討されているようです。是非、周りの方に薦めてみてください。

[2]ヨーグルトの支出5年で40%増

近年、人気が高まっているヨーグルト。各乳業メーカーとも、毎年、着実に売り上げを伸ばしている。このほど発表された、総務省統計局の「家計ミニトピックス」では、次のように伝えている。
<ヨーグルトへの支出額は過去5年間で4割増>
夏の暑さもピークを迎えてきました。みなさんの中には、健康や美容のために、毎朝ヨーグルトを食べている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
ヨーグルトを食べると、腸内環境が整えられて腸の働きが良くなることから、夏バテによって弱った腸にも効果があると言われています。
今月は、ヨーグルトへの支出について、家計調査の結果から見てみましょう。1世帯当たりのヨーグルトへの年間支出金額の推移を見ると、平成27年は12,135円と5年前の平成22年(8,445円)に比べて1.4倍になっています。整腸作用のほかに免疫機能を高める等の効果がある「機能性ヨーグルト」が新たに販売されたこともあって、支出金額が伸びているとみられます。
次に、平成27年の1世帯当たりのヨーグルトへの年間支出金額を世帯主の年齢階級別に見ると、50歳代の世帯が最も多くなっており、次いで70歳以上の世帯と、中高年層の世帯で支出金額が多くなっています。また、5年前の平成22年と比べてみると、50歳代以上の世帯で、支出金額が4,000円以上増えています。ヨーグルトを健康食として、食卓に取り入れる中高年層の世帯が多くなっていると考えられます。
「家計調査通信第508号(平成28年6月15日発行)」より

[3] 牛乳の日・牛乳月間

今年も全国各地で「牛乳の日(6月1日)・牛乳月間(6月)」のイベント、セミナー等が開催された。ミルクへの関心を高め、酪農・乳業の仕事を多くの方に認知してもらうことを目的として、それぞれ趣向を凝らした活動が展開された。Jミルクでは、統一ポスターやパネル、リーフレットなど啓発資料の有償提供を行い、また関連団体と連携し広報活動を行った。ここでは、その活動の一部を紹介する。

●6月4日 Jミルク・「牛乳の日」記念学術フォーラム
 「ミルクの価値再発見!―未来へのミルクの物語─」
 <日本人の健康とミルクの新しい関係>家森幸男氏(武庫川女子大学)
 兵庫県の食生活改善事業=「健康ひょうご21県民運動」
 →「食事はバランスごはん 大豆と減塩で元気なひょうご」
 をキャッチフレーズに活動を展開。
 ・健康食として注目される和食の価値
 ・大豆(イソフラボン)と魚(タウリン)の健康面へのメリットが大きい
 心筋梗塞の死亡率を下げる
 ・食塩量の増加とカルシウム不足
 →牛乳乳製品摂取で補完
 →肥満、高血圧、糖尿病につながる血糖値の急激な変動を抑える作用
  カルシウムが豊富で骨折予防に効果  ・牛乳乳製品に含まれるアルブミンは長寿や認知症予防に作用

●6月5日 千葉県牛乳普及協会・ミルクフェスティバル2016
 千葉県牛乳普及協会(髙橋 束会長)が開催するイベントで、牛乳・乳製品の消費拡大を目的とし、消費者交流の一環として、印西市の県立北総花の丘公園で開催。
 今年の目玉は、乳和食の小山浩子先生による「かんたん育脳料理朝ごはん&おやつ」。
 先生の著作、「子供の脳は『朝ごはん』で決まる!」(小学館)によると、「脳を育てる食事は、食べ合わせによる栄養バランスにあることを、『育脳』のメカニズムと共に、栄養学の見地からわかりやすく展開、と解説している。加工品や缶詰などを使って手軽に、短時間で作るノウハウを主食を軸にして、1か月分の朝ごはんのレシピを紹介している。
 ・かしこい脳とは柔軟な脳、摂取する油で脳の柔らかさが決まる。
  →脳の約60%が脂肪でできていて、食事からとった油次第で、脳の神経細胞は柔らかくも、固くもなる。  ・かしこい子への第一歩→かしこい脳=よい脳→活発に動く脳を育てる(=育脳)。それは毎日の食事でつくられている。
 <さばとお豆のカレーパン>
 この日、小山先生が披露したレシピはサバの水煮缶やミックスビーンズを使った簡単レシピ。
 ・育脳ポイント=カラフルなお豆には、タンパク質やレシチンなどの豆の栄養とともに、鮮やかな色に含まれる抗酸化成分が豊富。ミニトマトにもリコピンやビタミンCなどの抗酸化作用がある。
 タンパク質やレシチンは神経伝達物質の量を増やし、サバの缶詰に多く含まれるDHA、EPAは神経細胞の回路を作るのに役立つ。
 ※レシピが必要な方は全乳連の白根までご連絡ください。

●6月5日 中央酪農会議・六本木牧場
 六本木ヒルズアリーナで開催された「牛乳月間」のイベントで今年は3回目。
 「酪農を知るほど、牛乳がおいしい」というテーマで展開する家族向けの体験型イベント。今年のゲストは話題の芸人「メイプル超合金」。
 今年は、牛乳販売店の枠を超えて活動する「川和ミルク」の川和秀夫社長が自慢の「移動販売車」とともに参加していた。地震の被害を受けた熊本を支援するため乗り込んできた、と言う。この車を提供してもらい、南日本酪農協同㈱の東京駐在の方が、同社の牛乳・乳製品を販売していた。東京では販売していない商品ばかりで、飛ぶように売れていた。川和さんは、「寄付をすることも考えたが、末端まで届くのが遅い。確実に支援できる方法を選択した」と笑顔で語っていた。

[4] 明治「朝活presented by 明治」

熱戦が続くリオ2016オリンピック大会。(株)明治は、大会に出場する日本代表選手団をさまざまな取り組みを通じて応援している。
<毎朝の運動と栄養で からだもこころもPOWER UP!>
■8月6日(土)より、「東京2020ライブサイトin 2016 –リオから東京へ-」にて、「朝活presented by 明治」(場所:上野恩賜公園(竹の台広場内)のみ)を実施!
公益財団法人東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会および東京都主催の、「東京2020ライブサイトin2016-リオから東京へ-」が、リオ2016オリンピック期間中では、8月6日(土)~8月22日(月)の計17日間、リオ2016パラリンピック期間中では、9月8日(木)~9月19日(月・祝)の計12日間、上野恩賜公園竹の台広場内にて実施中。
「ライブサイト」とは、競技会場外で、大画面による迫力ある生中継、ステージイベント、競技体験などを楽しむことができる、オリンピック・パラリンピック競技大会の公式事業。大型ビジョンによる開閉会式および競技映像の放映、ステージでのトークショーや音楽ライブ、オリンピック・パラリンピック競技の体験エリア、アスリートのパフォーマンスや2020年の東京の姿等を高解像度の映像で紹介する映像体感型コンテンツ(上野会場のみ)などを実施する。
同社が協賛する「朝活presented by 明治」企画は、東京2020ライブサイト開催期間中の毎朝9:30~10:00に実施。お子さまから高齢者の方まで対象とし、朝の時間を活用し運動を楽しんでいただける企画。同企画に参加された方には、ブリックの「明治おいしい牛乳」(200ml)や「朝活ラリー」のリーフレットを配布する。参加するともらえるシールを5枚集めると、同社商品の詰め合わせをプレゼントする。
配布するリーフレットでは、朝ごはんの大切さや牛乳の栄養素などに加え、牛乳との組み合わせの食事例などをご紹介している。「朝活ラリー」を通じ、実際運動し牛乳を飲んでいただくことで、運動を行う清々しさや朝ごはんの大切さなどを伝えていく。(同社広報資料「メイジのだいじ」より)

(編集後記)
お世話になっている牛乳販売店の方からメールが送られてきました。最近は沈静化したと思われていた、「牛乳の不当廉売」がまだ行われていました。ドン・キホーテ 中野駅前店です。
●お得なクーポンがあります、クーポン情報。
【1階食品コーナー♪】
★7/11(月)~7/17(日)まで★
★【明治乳業】おいしい牛乳
(通)¥218+税⇒(ク)¥158+税
[先着限定数100点]
 まだまだ、監視の手をゆるめるわけにはいきません。

今後毎月15日、30日の発行を目指しています。
今のところ、当分は無料で発信する予定ですが、その後、月額500円の会費を頂戴したいと考えています(検討中)。全乳連に加入している商業組合の組合員の方は無料です(検討中)。併せて、全乳連ホームページ上に掲載していきます。皆様の感想をお聞かせいただければ幸いです。
何でも結構ですから、ご意見がありましたら、下記あてご連絡ください。

全乳連便り配信の解除を希望される場合は、下記あてご連絡くださるようお願い致します。

┏…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━…┓
□■発行元:全国牛乳商業組合連合会
□■発行人:新井 憲一
□■発行責任者:白根 忠広
□■〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 第八東誠ビル7階
(乳販連合会)
□■TEL:03-5809-1776 FAX:03-5809-1786
□■MAIL: zennyu9@poppy.ocn.ne.jp
□■HP:http:www.zennyuren.or.jp/
┗…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━…┛