〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓   
「全乳連便り」-街の牛乳屋さん通信ー 
 
第20号 2015年9月30日、10月10日、20日合併号

毎月10日、20日、30日発行

〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓〓

 こんにちは、全乳連事務局の白根です。「全乳連便り」―街の牛乳屋さん通信、第20号をお届けします。
 発行が大幅に遅れていまして、大変ご迷惑をおかけしています。申し訳ございません。
 いよいよマイナンバー制度がスタートしました。今後も続けて情報をお送りしますので、お役立て 

       ◆今回のメニュー◆

[1] マイナンバー制度、第3回目

[2]軽減税率の導入、検討始まる

[3]森永乳業「300パルメザンコレクション」開催

[4]関東生乳販連、テレビ、ラジオ番組提供開始
   
_____________________

[1] マイナンバー制度、第3回目

 マイナンバー法が施行され、10月中旬から11月にかけて、日本で暮らす一人ひとりに割り振られる12桁の番号(マイナンバー=社会保障・税番号)の通知が届く。マイナンバーは、住民票を持つすべての人に付けられる番号で、外国人や在日韓国・朝鮮人などの特別永住者にも割り振られる。政府がもっている税や社会保障に関わる個人の情報を番号で結びつけ、所得を把握しやすくするのがねらいだ。
 今回は、事業者に焦点をあてた内容です。
 事業者の場合、税務署に提出する法定調書や健康保険、雇用保険、年金の手続きの際に、従業員や報酬の支払先などのマイナンバー、法人番号の記載が必要です。
 記載の義務が発生するのは2016年1月1日から。ただ、できるだけ今年中にマイナンバーの収集を済ませてことをおすすめします。
マイナンバーの意図的な漏えいには罰則規定があるため、取扱担当者を限定して部外者が簡単に盗み見たりできないよう、組織的、物理的に防御策を講じる必要があります。
 以上のことをご承知おきください。それでは、マイナンバー制度③をお送りします。
─従業員と扶養家族の番号 収集を─
 <企業の対応は>
 Q 制度開始で企業が取り組むことは
 A 制度開始は来年1月だが、企業は12桁の個人番号が記された通知カードが各世帯に届く今年10月から、従業員と扶養家族の番号を集める必要がある。源泉徴収票など税務関係の書類や社会保障関連の申請書などに番号を記載することになるためだ。契約社員やアルバイトの番号も記載することになるので、事務負担がかなり増える。
 Q 気を付ける点は
 A 集めた番号が、従業員本人の番号かどうかの確認が求められる。来年1月から自治体窓口でもらえる顔写真付きの個人番号カードを持っていれば確認できるが、持っていない従業員に対しては免許証などで確認が必要。また、企業は番号を厳格に管理しなくてはならず、マイナンバーを取り扱うための基本方針と取扱い規定を定め、関連事務の担当社員を限定する必要がある。
 Q 対応は進んでいるのか
 A 7月にミロク情報サービスが公表したアンケート結果(※)では、77%の企業が「どう対応すべきかわからない」としている。特に情報が流出した場合、企業に重大な過失があれば罰則を科される恐れがあるが、制度開始まで半年を切り、備えが十分でないことが浮き彫りになっている。
 Q 情報システムの改修需要が生まれるほか、中小企業向けの番号管理代行サービスなどが想定されている。官民合わせたシステムの市場規模は3兆円ともいわれており、IT(情報技術)企業にとっては「特需」ともいえる。

(※)ミロク情報サービス調べ
・制度名は知っているが、内容はよくわからない    ・・・33%
・制度のおおよその内容は理解しているが、企業が
どう対応すべきかはわからない           ・・・43%
・内容を理解し、企業がどう対応すべきかもわかっている・・・23%
・制度そのものをまったく知らない          ・・・ 1%

http://www.cas.go.jp/jp/seisaku/bangoseido/

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11626.html?t=123&a=1

http://nettv.gov-online.go.jp/prg/prg11625.html


[2] 軽減税率の導入、検討始まる

 牛乳販売店の皆様にとって2年後に導入される予定の消費税10%への増税は、重大な関心事だと思います。政府の対応策がなかなか決まらない中、毎日新聞に分かりやすい記事が掲載されましたので、紹介します。
安倍晋三首相は、自民党の野田毅税制調査会長を交代させる方針を固めた。後任に宮沢洋一前経済産業相を充てる。野田氏は2017年4月に予定される消費税率10%への引き上げに伴う負担軽減策を巡り、公明党が導入を目指す軽減税率に慎重姿勢だった。来夏の参院選をにらみ首相が公明党に配慮した事実上の更迭とみられる。野田氏の交代で、今後の与党協議では生活必需品の税率を低く抑える軽減税率の導入検討が加速し、財務省がまとめた還付金案は見送りになりそうだ。
 自民、公明両党は17年度の軽減税率導入を目指し、具体的な制度設計の議論を進めてきた。しかし、対象品目などの議論が難航したため、財務省は代替案として、買い物をする際にマイナンバーカードを提示し、いったん10%の消費税を支払った上で、後で申請して2%分の還付を受ける還付金案を提案していた。
 還付金案について公明党は「いったん10%の消費税を支払うのでは痛税感が緩和されず、軽減税率と呼べない」などと強く反発。一方、野田氏は還付金案を軸に検討を進める姿勢を示し、自公の対立が続いていた。野田氏の交代決定により、還付金案の実現は一段と困難になった。
 ただ、軽減税率の導入には課題も残る。財務省の試算によると、消費税率10%時に「酒類を除く飲食料品」に軽減税率8%を適用すると、税収が年1.3兆円減る。消費増税による増収分は社会保障に充てることが決まっているため、財務省幹部は「社会保障の財源に穴を開けることだけはやめてもらいたい」とけん制する。
 軽減税率導入に反対する経済界を説得できるかも焦点だ。税率が複数になると、企業の経理で商品ごとに税率や税額を明記した請求書(インボイス)が必要になるが、経済界は「事務負担が増す」と強く反対している。自民党内では選挙で支援を受ける経済界の反発を恐れて慎重意見が根強い。

 与党は年末にまとめる16年度税制改正大綱に負担軽減策を盛り込む方針で、残された時間は少ない。
(毎日新聞 10月11日)
  
[3] 森永乳業「300パルメザンコレクション」開催
  
  森永乳業は9月29日、東京・恵比寿の恵比寿ガーデンプレイスで、クラフト100%パルメザンチーズ『300PARMESAN Collectⅰon PRイベント』を開催した。
 「クラフト 100%パルメザンチーズ」は家庭用粉チーズ市場トップシェアのブランド。粉チーズは一般的にはパスタやサラダなどへの使用に限定されると思われがちですが、同社では、レシピ本「クラフトのCHEESEレシピ」や同社ウェブサイト等で約300種類のレシピを公開してきた。
 今回のイベントでは、上質なおもてなし空間において、「クラフト 100%パルメザンチーズ」が幅広い料理で楽しめる調味料であることを、意外性のあるレシピで体験してもらうことがねらい。同商品のイメージキャラクターをつとめる女優の相武紗季さん、おかずクラブの2人がパッケージにちなんだグリーンのドレスに身を包み、試食に挑戦した。
 イベントでは、「300 PARMESAN Collection」の名にふさわしい緑のランウェイ(ファッションショーの舞台)の先に、高さ4・6mの巨大な「クラフト 100%パルメザンチーズ」型のベンディングマシンを設置し、「クラフト 100%パルメザンチーズ」を模したオリジナルのランチボックスを300個限定で無料配布した。ランチボックスは10種類各30個用意しており、パルメザンチーズが「どんなものでもごちそうになる調味料」であることが体験できる意外な組み合わせのおかずやデザートなどのレシピを用意。
「300 PARMESAN Collection」は恵比寿に次いで、福岡・大阪で実施され、その後札幌で実施予定。
 「クラフト 100%パルメザンチーズ」を使ったレシピはホームページで以下のように紹介されている。
 「相武紗季さんがパルメザンを使ったデリメニューを作るムービーです。
冷蔵庫にある材料でもパルメザンを使えば、おしゃれで美味しいデリのメニューに早変わりします。
 簡単でおもてなしにも使える「パルメで、おうちデリ」レシピを作る相武さんの『おうちデリ』をご覧いただけます」
 
 パルメザンコレクション
 http://kraftcheese.jp/special/parmesan2/

[4] 関東生乳販連、テレビ、ラジオ番組提供開始

 関東生乳販売農業協同組合連合会(関東生乳販連)は、牛乳のイメージアップを図るため、10月4日(日)より、テレビミニ番組「ミライノジブン」の提供、及びオリジナルラジオ番組「石川實 Dairy Life」の放送を開始した。
テレビ番組は「ミライノジブン」という番組名で、「届けにいくよ」というCMを番組中で流す。
これは、子どもが職業体験を通じて成長していく姿を描いた5分番組だ。子どもが将来の夢である職業を体験し一歩成長する姿を通して、牛乳のもつ未来へのパワーを伝えていこうとしている。同時に、牛乳がみんなの元気や子どもの未来、ひいては日本の未来を応援していることを伝える。主なターゲットは子をもつ母親。牛乳のイメージである子どもの笑顔やがんばる姿をしっかり伝えるため、ひとつの職業を2週に渡って放送する。
 CM「届けにいくよ」は、子牛の歌に合わせて、酪農家や牛乳工場で働く人、
牛乳配達の人等、牛乳の生産に携わる人々が登場し、酪農や牛乳がみんなの健康や元気を応援していることを伝える(番組とセットで、「酪農」という職業を訴求する)。併せて「牛乳は国産100%」「牛乳が日本を元気にする」のメッセージを伝え、牛乳消費の喚起を目指す。
・TBSテレビ  
 10月~12月 毎週日曜日12:54~13:00
 1月~ 3月 毎週火曜日21:54~22:00
・テレビ山梨  毎週火曜日18:55~19:00(10月6日から)
・静岡放送   毎週日曜日11:40~11:45(10月11日から)
放送は、平成27年10月~平成28年3月(静岡は4月第1週)まで。

ラジオ番組は「石川實 Dairy Life」。牛乳に造詣が深いパーソナリティ石川實氏を起用し、生活者に牛乳を身近に感じるライフスタイルを提案する。酪農家や食・育児等様々な分野で活躍する人をゲストに招いての対談や、牛乳のおいしい飲み方や効能等の情報を通して、牛乳の魅力を発信し、牛乳消費の喚起を目指す。1回目と2回目には、東京の牛乳販売店「川和ミルク」の川和秀夫さんが登場。この模様は、次回以降で紹介する。
TBSラジオ 日曜日午前7時40分~55分
放送は、平成27年10月~平成28年3月まで

 http://www.tbs.co.jp/miraino-jibun/

(編集後記)
 TPPが大筋合意を迎え、各方面に波紋を投げかけています。安倍首相は、「関税撤廃の例外を数多く確保した」と記者会見でのべましたが、果たしてどうでしょうか。新聞報道によると、関税撤廃率95%とか。次号で紹介します。

 今後毎月10日、20日、30日の発行を目指しています。
 今のところ、当分は無料で発信する予定ですが、その後、月額500円の会費を頂戴したいと考えています(検討中)。全乳連に加入している商業組合の組合員の方は無料です(検討中)。併せて、全乳連ホームページ上で、記事の詳細を掲載するよう検討しています。皆様の感想をお聞かせいただければ幸いです。
 何でも結構ですから、ご意見がありましたら、下記あてご連絡ください。

 全乳連便り配信の解除を希望される場合は、下記あてご連絡くださるようお願い致します。

┏…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━…┓
□■発行元:全国牛乳商業組合連合会
□■発行人:渡邉 佳三郎                      
□■発行責任者:白根 忠広                         
□■〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 第八東誠ビル7階
(乳販連合会)
□■TEL:03-5809-1776 FAX:03-5809-1786      
□■MAIL: zennyu9@poppy.ocn.ne.jp    
□■HP:http:www.zennyuren.or.jp/     

┗…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━━━━…━━━…━…┛