_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  「全乳連便り」 街の牛乳屋さん通信
      第6号 2015年1月30日
       毎月10日、20日、30日発行

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/
 こんにちは。全乳連事務局の白根です。「全乳連便り」―街の牛乳屋さん通信、第6号をお届けします。
 乳業メーカー各社の値上げの内容がほぼ明らかになり、牛乳販売店の皆様は戦々恐々とされていることと思います。昨年の消費税増税で痛い目にあったばかりで、値上げはきついと思います。皆さんで情報を共有して頑張っていただきたい、と思います。
 全乳連は今後も、皆様のお役に立つ情報を早いタイミングでお届けして参ります。どうぞ、よろしくお願いいたします。

            ◆今回のメニュー◆

[1]大阪商組新年会、今後も組合のあり方議論を
[2]明治、市乳商品54品目値上げ
[3]森永乳業、市乳商品他55品目値上げ
[4] 脚立、はしごからの転落に注意!
____________________________

[1] 大阪商組新年会、今後も組合のあり方議論を

 大阪府内の牛乳販売店で構成する大阪府牛乳商業組合(小松治理事長)の新年理事会・懇親会が20日、ホテル大阪ベイタワーで開かれ、総代会開催に向け、今後の組合活動について協議した。
 同組合は昨年の総代会で新役員の決定がずれ込み、9月から小松理事長、?田成乃亮、夏野佳典、神吉昭一、松岡猛、津村調和の各副理事長体制で正式にスタートした。
 理事会で挨拶した小松理事長は「新体制となって時間が少なく本年度は十分な活動ができていないが、今後、各部会(総務・財務・活性化・厚生・広報)に重きを置いて、今後の商組のあり方について考えていきたい。組合員数も減っており、定款の変更や財務面など、議論していかなければならない。ぜひ、各部会に積極的に出席し、いろいろな意見を聞かせて欲しい。出された意見は理事会に上げて検討し、その結果は組合員に伝えていく」と、各部会への参加と協力を要請した。
 その後の懇親会では、乳価引き上げに伴う牛乳等の値上げ問題が話題となった。宅配商品への影響も避けられないが、一昨年10月からの改定、昨年4月からの消費税8%への引き上げで宅配は顧客件数の減少など少なからず影響を受けている。さらなる値上げとなれば、直接消費者と接する販売店としては「顧客に理解を得られるのか」懸念する声も聞かれた。(酪農乳業速報)

 
[2] 明治、市乳商品54品目値上げ

 (株)明治(川村和夫社長)は1月26日、4月1日出荷分から、市乳部門商品(牛乳・ヨーグルト等)54品目について、価格改定を実施すると発表した。値上げ幅はヨーグルト・乳飲料が希望小売価格で2?6%、牛乳が出荷価格で2?5%となっている。

 <値上げの理由>
 ・飼料価格やエネルギーコストの高騰
  →生乳生産者の経営圧迫→生乳取引価格改定 
  (1キロ当たり3円引き上げ)
 ・海外乳原料、果肉、包装資材、物流費の上昇

 <価格改定の内容>
 ・発酵乳=小売りで10円(4.0%)
 ・牛乳=出荷価格で2?5%、1Lで5?6円程度
 ・乳飲料=1Lの小売価格で10円

 http://www.meiji.co.jp/

[3] 森永乳業、市乳商品他55品目値上げ

 森永乳業(株)(宮原道夫社長)は1月29日、牛乳類、飲料、ヨーグルト他一部商品について、3月9日より順次、価格改定および内容量変更を実施すると発表した。

 <値上げの理由>
 ・飼料価格の高騰など
  →生乳生産者の経営圧迫→生乳取引価格改定 
  (1キロ当たり3円引き上げ)
 ・海外乳原料、コーヒー豆、茶葉、包装資材、
  物流費の上昇

 <価格改定の内容>
 ・価格改定商品=35品、改定率3.2%?8.0%
 ・内容量変更商品=14品、内容量変更率
-3.6%?-11.1%
 ・メーカー出荷価格改定商品=6品、
  出荷価格改定率 約2?4%

 http://www.morinagamilk.co.jp/

 
[4] 脚立、はしごからの転落に注意!

 ?庭木の剪定、屋根修理で死亡事故の危険も?
 
 昨年末、年末の大掃除などで脚立やはしごの使用で事故も多く起きているとの報道に接し、インターネットで検索してみた。消費者庁のホームページに次のような記述があった。
 昨年末の時点で、消費者庁に寄せられた情報では、脚立・はしごからの転落事故が437件あった。転落して頭部を強打し死亡に至った事故情報も8件あった。
 年齢が明らかな事故情報をみると、50歳以上が7割強を占めている。
 また事故の大半が、庭木の剪定や屋根等の修理といった住宅周りの作業中に発生している。木の上、屋根の上など高い位置から落ちると骨折の危険が高く、特に頭部を強打して生活に支障を来すような後遺症が残ったケースも見られる。
 転落事故の原因が明らかなもののうち、脚立・はしごの製品が破損したことが原因のものは1割にも満たず、使用者の誤使用や、バランスを崩したり、滑ったりしたケースが、大半を占めている。
 <脚立・はしごを使う場合の注意>
 ・高所で作業することの危険性を認識する
 ・脚立の天板(最上段)に乗らない
 ・脚立・はしごは平らで安定したところに設置す
  る
 ・はしごの使用時は補助者に支えてもらう

 以上、使用上の注意を守るとともに、自らの身体
能力を過信せず、バランスを崩したり足を滑らせないように注意して、転落事故を防ぐようにすることが大事としている。

 この記事を書いていて、思い出したことがある。
4?5年前だったか、全改協の優良事例発表で、東北地方の牛乳販売店の後継ぎの若者が言っていたこと。建設会社に勤務していた彼は、その腕を生かして、ちょっとした大工仕事を顧客にサービスしていた。また、高いところの電球を取り替えたりもしていた。こうしたサービスをすることは大変だと思うが、お客さまへのサービスとして考えてみてはいかがでしょうか。
 

(編集後記)
 日本一の早咲きといわれる静岡県熱海市の熱海梅園で「八重寒紅」や「冬至梅」など早咲きの梅が開花し、訪れた人たちの目を楽しませているそうです。見頃は2月中旬までとか。春も間もなくやってきますね。
 
  今後毎月10日、20日、30日の発行を目指しています。
 今のところ、半年ほどは無料で発信する予定ですが、その後、月額500円の
 会費を頂戴したいと考えています。併せて、全乳連ホームページ上で、記事の
 詳細を掲載するよう検討しています。皆様の感想をお聞かせいただければ幸い
 です。
 何でも結構ですから、ご意見がありましたら、下記あてご連絡ください。

 全乳連便り配信の解除を希望される場合は、下記あてご連絡くださるようお願
 い致します。

┏…━━━…━━━━…━━━…━━━━…┓
□■発行元:全国牛乳商業組合連合会
□■発行人:渡邉 佳三郎
□■発行責任者:白根 忠広
□■〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3
第八東誠ビル7階(乳販連合会)
□■TEL:03-5809-1776 FAX:03-5809-1786
□■MAIL:zennyu9@poppy.ocn.ne.jp
□■HP:http:www.zennyuren.or.jp/
┗…━━━…━━━━…━━━…━━━━…┛