_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/

  「全乳連便り」街の牛乳屋さん通信
         創刊号 2014年12月10日
         毎月10日、20日、30日発行

_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


こんにちは。全乳連事務局の白根です。
 牛乳販売店の皆様に役立つ情報をお届けする「全乳連便り」―街の牛乳屋さん通信
―はテスト版を4号発行し、いよいよ創刊第1号をお届けします。
 どうぞ、よろしくお願いいたします。

            ◆今回のメニュー◆

[1]渡邉佳三郎会長ご挨拶
[2]愛知商組、高齢者見守りの取組み
[3]牛乳発祥の地からバターへの思い
[4]ヨーグルトがインフルエンザワクチン効果を増強
[5]2014年酪農乳業界重大ニュース
____________________________

[1] 渡邉佳三郎会長ご挨拶
 自民党安倍政権が掲げる経済政策、「アベノミクス」の真価を問うとして実施され
た総選挙は与党の圧勝に終わり、今年の漢字には「税」が選ばれました。景気回復の
実感がないまま年の瀬を迎えようとしていますが、「全乳連便りー街の牛乳屋さん通
信ー」創刊号をお届けします。高齢者向けの情報を中心に、牛乳販売店の皆様に有用
な最新情報をお届けします。今年度はこの事業に全勢力を投入し、全国の皆様に情報
を発信して参ります。多くの皆様にご購読いただけるようお願いいたします。
 
[2] 愛知商組、高齢者見守りの取組み
 愛知県牛乳商業組合(伊藤憲俊理事長)は、名古屋市健康福祉局高齢福祉部地域ケ
ア推進課と連携し、高齢者の孤独死などを防ごうとする「高齢者の見守り」に関する
協力事業者の登録制度を始めた。
 この制度は、配達等で外出している際に、高齢者宅でポストに郵便物や新聞がた
まっていたり、洗濯物が出しっぱなしになっている等の異変に気づかれた場合は、各
区役所福祉課福祉係に連絡していただく、というシステムです。
 今回の制度では、冊子や「見守っています!」などと書かれたステッカーを配布
し、高齢者を見守る機運を高めていくことを目的としている。
 少子高齢化の今、多くの自治体で高齢者の見守り活動を始めている。静岡県牛乳商
業組合はいち早く社旗貢献活動に活路を見出し、行政と一体になって、「ふじのくに
見守り隊」という取り組みを行っている。また、京都や千葉などでも行政からの申し
出により、活動を始めている。地域と密着した牛乳販売店だからこそできる取組みで
はないだろうか。
 名古屋市の取組みについてのお問い合わせは、愛知県牛乳商業組合事務局まで
 052-323-0371
 
[3] 牛乳発祥の地からバターへの思い
下田湾の北東。海岸から100mほど北東に入った山裾に,曹洞宗の寺・玉泉寺があ
る。
山門を入ると正面に本堂があり,その前面に「牛乳の碑」と書かれた大きな褐色の
四角い石碑が建っている。中央のレリーフには 乳牛と戯れる家族,左上には タウン
ゼント・ハリスの肖像がある。 
 この石碑は伊豆で創業した「森永乳業」により建てられたものなのだが、総領事と
して滞在中のハリスが、病床時に牛乳を欲した際に、15日間飲んだ牛乳の対価として
1両3分を与えたことから、日本で初めて牛乳売買が行われた地として、それを記念し
て建てられた石碑となっている。
 その後、文明開花とともに牛乳は広まっていくわけだが、昨今のバター不足は深刻
な社会問題となっている。そもそも、酪農家の経営が危機的な状況になっていて、生
乳が不足していることが原因。国は、業務用バターの緊急輸入を実施し、かつ乳業
メーカーに対して増産するよう要請し、何とか需要期に間に合わせる施策をとった。
 何年かおきに繰り返される現象だが、TPPが導入された時にどうなっていくの
か。牛乳販売店の数が減少していくのと同時に、酪農家の数の減少も加速度的に進ん
でいる。

[4] ヨーグルトがインフルエンザワクチン効果を増強
 (株)明治は、1073R-1乳酸菌で発酵したヨーグルトの継続的な摂取がインフ
ルエンザワクチンの効果を高める可能性があることを発表した。
 その内容を要約すると、
 ・インフルエンザ対策にはワクチンの接種が有効
 ・ワクチンにより病原体に対する抗体生成
 ・1073R?1乳酸菌で発酵したヨーグルトの継続的な摂取
  →抗体価が優位に高くなる
 ・インフルエンザワクチンの効果を高める可能性
ということになる。 
 
 同社はこれまでの研究において、「1073R-1乳酸菌で発酵したヨーグルトの
風邪症候群罹患リスク低減効果」をヒト試験で確認している。具体的には、ヒトの免
疫機能に与える影響を評価するために、健常高齢者を対象とした摂取試験を山形県舟
形町、佐賀県有田町で実施している。

http://www.meiji.co.jp/corporate/pressrelease/2014/detail/20141120_01.html

[5]2014年酪農乳業界重大ニュース
 酪農乳業速報など専門紙9社で構成する酪農乳業研究会は、2014年酪農乳業界
重大ニュースを選定した。
 その内容は以下の通り

 ・原料乳不足で安定供給に業界全体が腐心
 ・円安加速、原材料価格高騰で乳製品値上げ
 ・国内生乳生産基盤の弱体化が一層深刻に
 ・バター・脱脂粉乳、過去最大規模の輸入
 ・日豪EPA受託、一部乳製品の関税枠緩和
 ・白物飲料活性化へ容量・容器で新たな動き
 ・三条市の試験的学乳停止が業界内外に波紋
 ・加工原料乳補給金対象にチーズ向生乳復活
 ・関東豪雪被害で生乳廃棄など自然災害相次ぐ
 ・乳業各社成長維持へ戦略的設備投資活性化
 ・指定団体通じた生乳取引制度の弾力化実施へ

(編集後記)

 慌ただしい師走の総選挙も終わり、バターの品不足も解消されつつある、というこ
とで皆様ホッとされていることでしょう。夏の暑さに文句を言っていたと思ったら、
早やクリスマスが目前です。月日の経つのは本当に早いですね。
 やっと創刊号をお届けすることができました。遅れて12月からのスタートとなり
ましたが、今後毎月10日、20日、30日の発行を目指しています。
今のところ、来年3月までは、無料で発信いたしますが、その後、月額500円の会
費を頂戴したいと考えています。(更に延長することも検討中)併せて、全乳連ホー
ムページ上で、記事の詳細を掲載するよう検討しています。皆様の感想をお聞かせい
ただければ幸いです。
 何でも結構ですから、ご意見がありましたら、下記あてご連絡ください。

 全乳連便り配信の解除を希望される場合は、下記あてご連絡くださるようお願い致
します。


┏…━━━…━━━━…━━━…━━━━…┓
□■発行元:全国牛乳商業組合連合会
□■発行人:渡邉 佳三郎                 
□■発行責任者:白根 忠広
□■〒101-0032 東京都千代田区岩本町2-11-3 
第八東誠ビル7階(乳販連合会)
□■TEL:03-5809-1776 FAX:03-5809-1786 
□■MAIL:zennyu9@poppy.ocn.ne.jp
□■HP:http:www.zennyuren.or.jp/     
┗…━━━…━━━━…━━━…━━━━…┛